TOP >> ナイピルと購入方法

ナイピルは日本人向けに作られたノルレボジェネリック!気になる効果やお得情報をご紹介します。

2018年11月28日

ナイピルの特徴

ナイピル

今回ご紹介するナイピルは、アフターピル(緊急避妊薬)で知られるノルレボのジェネリック医薬品です。ノルレボと変わらない効果を持ちながら、他のジェネリック医薬品よりも比較的安く通販で購入することができます。

他のノルレボジェネリックとは違うナイピルの特徴は以下の2つです。

・日本人向けに作られている

・1シートに4錠(4回分)入っている

もちろん、病院でノルレボを処方してもらうよりもとってもリーズナブル!あなたに特にオススメしたいアフターピルのうちのひとつです。

日本人向けに作られている

海外にはノルレボと効果がほぼ変わらない優れたジェネリック医薬品がたくさんあります。しかし、そのほとんどは大柄な外国人を対象に作られたものです。

インドに本社を置くスマート社で製造販売されているナイピルは、現地に在住している日本人が開発製造に関わっています。当初から日本人向けのアフターピルとして作られており、日本人の体格や体質に合った商品となっています。

1シートに4錠(4回分)入っている

あなたはアフターピルを持ち歩きたいと思ったことはないでしょうか?大抵のアフターピルは1シートに1回分の1錠、あるいは2錠が入っています。

このシートは携帯するにはちょっと大きすぎるのが難点ですが、ナイピルなら1シートに4錠入っているので1錠ごとにミシン目で分割でき、コンパクトに持ち運ぶことができます。

財布やポーチに入れてもかさばりません。旅行中の護身用にいかかでしょうか?

ナイピルの気になる価格

気になるナイピルの価格はいくらでしょうか?病院で処方されるノルレボとアフターピルのアイピルと比較してみました。

【病院処方のノルレボ】 【1錠あたり】 約20,000円 ※処方にかかる一般的な価格
【通販のアイピル】 【1錠あたり】 1,200円
【通販のナイピル】 【1錠あたり】 745円

病院でノルレボを処方してもらう場合、薬代にくわえて処方料、検査料、診察料などがかかります。病院へ足を運ぶために交通費が必要になる場合もあります。

ナイピルは1錠あたりの単価がとても安いため、ノルレボジェネリックとして人気の高いアイピルよりもさらにお得に購入できます。

※通販利用の際に別途に送料がかかる場合がございます。

ナイピルの効果

ナイピルの効果は基本ノルレボと同じです。排卵を遅らせて受精しないようにタイミングをずらしたり、妊娠が成立する前に人工的な月経を起こすことで緊急避妊を可能にします。

ナイピルの避妊率

ナイピルで避妊に成功する確率は危険行為から時間がたつにつれて低くなっていくので、急いで服用しましょう。


ナイピルの避妊率
  • 12時間以内の服用で99.5%
  • 24時間以内の服用で98.2%
  • 72時間以内の服用で84%

ナイピルの副作用

ナイピルを服用する場合、以下の副作用が出るとされています。いずれもアイピルやノルレボより軽いとされているようです。

・頭痛
・吐き気
・胸の圧痛
・生理不順
・経血量の増加や減少

ナイピルは日本人の体質に合わせて作られているため副作用が比較的少ないとされています。ナイピルを服用後2時間以内に嘔吐してしまうと効果がなくなる可能性が高いので、吐き気が心配な人は市販の酔い止めなどを併用することをオススメします。

ナイピルを買えるのは通販だけ

ナイピルは日本での処方の認可が下りていないために、個人輸入代行サイトを利用した通販のみで購入することができます。

通販サイトのお薬なびなら、10,000円以上のお買い物で送料無料です。まとめ買いで割引も効くので、思いがけない妊娠を防ぐために常備しておきたい方にオススメです。

・副作用が気になる

・念のため複数回分を持っておきたい

・旅行に行くときにお守りとして持っていきたい

そんなあなたにナイピルはベストなアフターピルです。

上に
戻る