TOP >> 低用量ピルとは

低用量ピルは毎日同じ時間に服用する事で、100%に近い避妊率があります。

低用量ピルとは

低用量ピルとは

低用量ピルは毎月起こる排卵を休ませる働きがあります。まいにち続けて飲むことで高い避妊効果に期待できます。日本ではあまり普及していませんが、海外の女性にとっては薬局で買えるくらい身近な薬です。

避妊だけではなく、生理不順や生理痛の改善、PMS(生理前のイライラ・眠気など)などの悩みも解決に導きます。

低用量ピルの正しい飲み方

服用方法

生理が始まった日から飲みはじめて、毎日おなじ時間に1錠ずつ飲みます。21日間飲み続け、22日目から7日間休みます。そして29日目になったら、新しいシートを21日間飲み続けます。

その日の分を飲み忘れてしまっても、24時間以内なら気づいた時点ですぐに飲むようにしましょう。併せてその日の分も予定通り飲みます。

48時間飲み忘れたら、次の生理から再スタートします。

服用していない間は避妊の効果はありません。避妊目的で飲んでいる場合は、コンドームなどの避妊具を使いましょう。低用量ピルはまいにち同じ時間に服用することを守れば、避妊率は100%に近いとされています。

妊娠しやすい体になる?

低用量ピルは、排卵をなくすものではなく、お休みする薬です。服用を中止すれば数ヵ月程度で、排卵が再開します。生理不順がなくなり28日の周期で生理が来るので、排卵日に合わせた妊活もしやすくなります。
子宮内膜症の予防や、子宮体がん、卵巣がんの発症も少なくなると言われています。

避妊以外の効果

避妊だけではなく、重い生理痛や生理不順にも効果があるといわれています。からだの中にある女性ホルモンと似た成分が、低用量ピルに含まれています。毎日同じ時間に服用することで、効果がでてきます。

生理不順でも、28日周期で生理コントロールもかんたん。PMSのイライラや眠気にも効果があるといわれています。ホルモンバランスが崩れて起こる、ニキビや肌荒の改善にも期待されています。

低用量ピルの副作用

低用量ピルは副作用の発症は低いとされていますが、以下のような症状が表れる場合があります。

・吐き気
・頭痛
・乳房の張り
・血栓症
(ピルには血液が固まりやすい作用があるため、肥満、高血圧、糖尿病、喫煙などで動脈硬化の可能性がある人は医師に相談しましょう。)

・心筋梗塞
(喫煙者の場合は更に危険が高まります)

・子宮頚ガン
(5年以上の長期間服用で少し増加する可能性あり)

・静脈血栓症発症
(通常1万人あたり年間1~5人の割合で発症。低用量ピルを服用した場合は発症が3~9人 妊娠中の場合は5~20人、出産後12週間で40~65人)

様々な病気のキッカケともなる血栓症。実は、低用量ピルを服用している人よりも、健康に気をつかっている妊婦や出産後間近の方がかかりやすいようですね。

服用してはいけない方

当てはまると思ったら服用は控えましょう。

・偏頭痛がある
・1日にタバコを15本以上吸う
・肥満や高血圧がある
・以前の服用でアレルギーを起こした
・妊婦もしくは授乳中
・手術前や手術後
・乳がん、子宮けいがんの疑いがある
・肝機能障害を患っている

当てはまるけど服用したい方は、病院で相談しましょう。

みんなの低用量ピル体験談

低用量ピルってほんとにみんなつかってるの?
使って困ったことはないのかな、そう思ってSNSに投稿されている口コミを探してみました。

低用量ピル服用にメリットを感じた

低用量ピル3ヶ月間やめてたけど痛みといつくるかわからない不安に負けてまた飲み始めた。
セックスする予定はないです(誰も聞いてない

59.7kg 26.3% ちょっと増えた!
低用量ピル飲んでる場合でも食欲って変化するのかな?(鈍感なのであまり感じた事ない)
ピル飲むと生理痛楽だし色々管理しやすいし避妊しなくて良いしメリット多過ぎ。既婚で妊娠望まない方には〇
感染症は防げないから不特定多数はだめだよ

低用量ピル服用にデメリットを感じた

生理痛があまりに酷いので、産婦人科・婦人科にもいくつか行きました。
最初に行った婦人科では低用量ピルを処方され、数年の間は服用していました。
しかし、生理中の出血量や腹痛は和らいだものの、生理前後の精神的不安定さや苛立ちは改善されず。困ったまま。

病院処方にデメリットを感じた

私も低用量ピル飲むようになってから劇的に生理痛軽減されたし、いいことづくめだけど金はかかります。 年間3万以上。もっと貧しくなったら買えないんだよね。
欧米では300円くらいで買えるってきいてびっくりしたんだけど早く日本もそうなってくれ。
お金ない人は生理痛で苦しむのが当然っておかしい

低用量ピルは通販でも買える

ご紹介した口コミのなかで、低用量ピルの使い勝手の良さを分かりつつも続けられない事情もある方もいるようです。 市販で安く取り扱ってくれたら助かりますが、まだまだ海外のようにはいかないようですね。

病院では診察料や再診料がかかるうえ、処方されるまで長い時間待つことも…。 お金はかけたくない、でもピルは使いたい、そんな方におススメしたいのが通販です。

商品が届くまでに7日~14日ほどかかるので、日数にちょっと余裕が持てる方に向いています。 通販を利用すれば、わざわざ病院へ行く手間も省けて値段も安い! お薬なびでは初回購入や友達紹介で500円割引などのキャンペーンをおこなっているようです。

低用量ピルとアフターピルとの違い

当サイトで紹介するピルはおおきく分けて2種類あります。 どちらも避妊薬ですが、服用方法が大きく異なります。

【ポイント】

どちらも含まれている成分量が異なるため、体内のホルモンの動きによって副作用も少し変わります。 どちらも正しく服用すれば避妊効果は非常に高い。

継続的に低用量ピルを飲めない人の中には、緊急避妊用としてアフターピルを持ち歩く人もいるようです。 女性なら、1つは持っているだけであんしんできます。

【まとめ】
・避妊や女性の悩みに備えるのが低用量ピル
・緊急時に飲むのがアフターピル

上に
戻る