アイピルがあれば妊娠の心配は無用 TOP >> 避妊の方法

避妊の方法

避妊の方法

避妊には様々な方法があります。

避妊具

日本では最もポピュラーな方法です。陰茎に直接かぶせ、精液が膣内に入るのを防ぎます。性感染症を予防するにも高い効果があります。ただし破れてしまったり脱落などの失敗もあり、避妊率は80%程度と言われています。今はコンビニなどでも販売されていて、価格が安いのもメリットです。

アフターピル

性交の後に服用します。24時間以内に服用すれば95%以上と高い避妊率です。もしもの時の為に常備しておきたい薬です。ホルモンバランスを急激にかえるので体には負担になります。あくまでも緊急用とし、頻繁に服用するのは控えましょう。

低用量ピル

毎日同じ時間に服用する事で、排卵を抑制し避妊します。使用方法を守れば100%に近い避妊率になります。避妊以外にも生理不順、生理痛、ニキビの改善にも役立ちます。

リズム法

リズム法

生理周期や基礎体温などから排卵日を予測し、その間は性交を避ける方法です。ただし体調に左右されやすく、確実に排卵日を見つけることは困難です。いわゆる「安全日」も100%妊娠しないわけではないので、体調管理のひとつと考え、避妊には他の方法をとるのが無難です。

避妊手術

卵子や精子の通り道をふさいで、受精できないようにします。男性は日帰りが可能ですが女性は入院が必要になります。避妊効果は高いですが、特に女性の場合、一度手術をすると元に戻す事は困難です。

IUS、銅付加IUD

IUS、銅付加IUD

病院で器具を挿入してもらい、妊娠を防ぎます。1度装着すれば効果が数年続きます。高い避妊効果がありますが、ごく稀に自然に外れてしまう事があります。また、出産経験のない女性には挿入できない事もあります。1年に一度は婦人科での検査が推奨されています。

日本では一般的な避妊具は実は避妊率はあまり高くありません。手術や器具の挿入は簡単には決心できる事ではありませんし、リズム法は確実ではありません。日常的に避妊したい場合は低用量ピル、普段は避妊具を利用し、失敗した場合に備えてアイピルなどのアフターピル常備しておくのがお勧めです。ピルはどちらも通販で誰にも会わずに購入する事ができます。

アフターピル(アイピル)の通販サイト

アフターピルについて