アイピルがあれば妊娠の心配は無用 TOP >> 病院での避妊

病院での避妊

病院での避妊

もしも避妊に失敗してしまったり、性犯罪に遭ったりしてしまったら、確実なのは病院でアフターピルを処方してもらう事です。ですがこのアフターピルは性交の後72時間以内に服用しなくてはならず、しかも時間が経つほど避妊率は下がっていってしまいます。ところが、いつでもすぐに病院に行けるとは限りません。病院が遠方で悪天候で行けなかったり、仕事だったり、病院が休みだったり、病院に行っても待ち時間が長かったり…その間にも、どんどん時間は過ぎていってしまいます。また、病院に行くと処方の記録が残ってしまいます。さらにアフターピルは保険適用外となるので、一般的に病院で処方されるノルレボは1錠15000円前後もし、大変高額です。

女性であれば、生理が始まってから閉経するまで、妊娠をしてしまう危険があります。そして、その時になって慌てても、何らかの理由で手遅れとなってしまう事があります。そうなると望まない妊娠か中絶、どちらを選ぶにしても自分にも大きな負担がかかってしまうのは想像に難くありません。そうならない為にも、アフターピルはもしもの時の為に女性なら必ず常備しておきたい薬です。

病院での避妊

ですが、病院ではアフターピルが必要な状態でなければ処方してもらえませんので、あらかじめ常備薬として持っておく事は通常であれば困難です。そして必要性はあっても、もしかしたら利用しないかもしれない薬の為に、高い金額を払うのは躊躇してしまうかもしれません。そんな方には、通販アイピルなど安いジェネリックを購入するのがお勧めです。海外の薬ですが、日本で処方されるノルレボのジェネリックなので成分などは同じなので安心して服用できます。

また、価格も1錠1000円前後と大変安く、この価格ならばもしも使わなかったとしても仕方ないと思えるのではないでしょうか。万が一の時に手元になく、病院で高額の薬を処方してもらうよりは、通販であらかじめ安く購入しておいた方が安心でお得です。通販であれば安い価格で購入できる一方、稀に偽物を販売している詐欺サイトもありますのでご注意ください。

アフターピル(アイピル)の通販サイト