アイピルがあれば妊娠の心配は無用 TOP >> アフターピルジェリックのアイピル

アフターピルジェリックのアイピル

アフターピルジェリックのアイピル

緊急避妊薬であるアフターピルは、日本の病院で処方されるのはノルレボというものになります。ただし、アフターピルは保険が適用されないので、1錠15000円前後もする大変高額な薬です。それでも万が一の事を考えたら服用しないわけにはいかないのですが、もっと安く購入する方法はないのでしょうか?

答えはあります。それは、ノルレボのジェネリックです。ノルレボのジェネリックはアイピルで、1錠1000円前後という安さで購入できます。ジェネリックとは、どのような薬かご存知でしょうか?日本でもこれからの少子高齢化に向け、医療費を抑える為に普及が進められています。医薬品には先発薬と後発薬と呼ばれるジェネリックの2種類があり、先発薬は、販売されてから約20年間は薬の特許で守られ、他の製薬会社は同じ成分の薬を販売する事ができません。薬の開発には数億円という莫大な開発費と長い年月がかかります。薬を専売できる事によって、先発薬を開発した会社は利益を得る事ができます。そして、特許が切れた後に他の会社から販売されるのがジェネリックです。

安くて同じ成分のジェネリック

安くて同じ成分のジェネリック

既にある成分の薬なので販売するまでに時間も費用もそれほどかからないので、先発薬の2割から7割程度の価格で販売する事ができます。ジェネリックとは言っても、有効成分、用法用量、効果効能は同じでなければいけないと決まっていて、薬の形や色、味、添加物などは変更してもいいという事になっています。ジェネリックの方が飲みやすい形や味に改良されているという事も多くあります。安全性についても国の厳しい審査を合格しなくては販売できません。

日本で販売されていないジェネリック

多くの国はこのような決まりになっていますが、インドなどは薬事法が異なり、他の国ではまだ販売されていないジェネリックが販売されています。インドはジェネリック大国と呼ばれていて、薬の品質は世界トップクラスで高い信頼を得ています。ノルレボのジェネリックアイピルも販売されていますが、日本では購入する事ができません。購入する場合は、通販を利用しましょう。

日本で販売されていないジェネリック

アフターピルは高い薬だからと購入をためらっていては、万が一の事が起ったとしても病院で15000円も払って処方してもらうしかありません。アイピルを1000円で購入して、もしもの時の為に常備しておいた方が安心です。女性なら防災用品と同じような感覚で持っておきましょう。

アフターピル(アイピル)の通販サイト

アフターピルについて