アイピルがあれば妊娠の心配は無用 TOP >> 妊娠と避妊

妊娠と避妊

妊娠と避妊

妊娠とは、簡単に説明すると女性の身体で排卵が行われ精子と卵子が受精することで受精卵となり子宮内膜に着床し、この経過をたどり男性と女性2人との性行為によって成立するとされています。成立した場合には胎内で胎児が女性から必要な栄養を補給し発育・成長していきます。

ですが必ずしも望んだ通りに成立するとは限らず、不妊症と呼ばれる症候群もあり、子供を望んでいるものの避妊行為を行わない状況で1年成立しない場合には不妊症と判断されます。女性あるいは男性または両方に原因があるために成立せず、不妊治療を受けなければなりません。治療費があまりかからないタイミング法や高額な体外受精などの治療法が幾つかあり、保険のきかない治療もあるため、治療を継続することが難しくなってしまう方もいます。

また男女間で行われる性行為は必ずしも生殖だけのために行っている行為ではなく、そのほとんどがお互いにある性的欲求の解消のために行われていると言われています。そこで重要となるのが避妊の方法であり、男性が行う最も知られた方法として避妊具があります。破損や行為中に膣内で外れるなどがなければ100%に近い確率で回避することができるとされています。避妊具は女性用のものもあり、ペッサリーという製品もあります。

妊娠と避妊

また男性に任せるのではなく女性が主導となって行う方法の中には、ピルと呼ばれる治療薬を用い行う方法もあります。毎日決まった時間に決められた用量を服用することで、99%の確率で妊娠を回避することができ、男性に頼ることなく避妊することができます。ピルは高い効果を得られる変わりに強い副作用がでると言われ、女性ホルモンのバランスを乱すことで起こる吐き気などの体調不良の症状が薬に慣れるまで続きます。身体への負担を考えた女性ホルモンの量を減らした低容量のものもあり、身体の小さな日本人には低容量ピルの方があっているかもしれません。

妊娠を望むのであれば適切な治療をし、望まないのであれば不用意な性行為を行うことは避けるようにしましょう。そして望まない妊娠や中絶となってしまわない為に、もしもの為にアフターピルアイピルを常備しておくことをお勧めします。

アフターピル(アイピル)の通販サイト

アフターピルについて