アイピルがあれば妊娠の心配は無用 TOP >> 中絶

中絶

中絶

中絶は、女性であれば最も避けたい事ではないでしょうか。言うまでもなく、心にも体にも大きな負担があり、特に精神的な面では、生涯忘れられないという方も多いです。日本では水子供養というものがありますが、法律上、中絶が認められているのは、母親の健康上のや経済上の理由、そしてレイプなどの被害による妊娠の場合です。妊娠してから22週未満までとなります。12週未満の妊娠初期と12週から22週の妊娠中期で手術が異なります。

中絶の方法

中絶の方法

妊娠初期の場合、掻爬法か吸引法で行われ、支給口を開いて器具などを使って胎児と胎盤を除去、もしくは吸引します。15分程度の短時間で、痛みや出血などは殆どありません。問題がなければその日のうちに退院できます。妊娠中期は人工的に陣痛を起こし、流産させる事になります。体に負担がかかってしまうので、通常は数日入院が必要です。妊娠中期で中絶した場合、役所に死産届けを提出して、胎児の埋葬許可証をもらう必要があります。

中絶の後

中絶後はホルモンが不安定になり、生理不順になる場合があります。しばらくは安静にした方がいいとされ、状態を見る為に検診を受ける必要があります。また、術後の子宮は弱って傷ついている場合が多く、感染症にかなりやすくなっています。くれぐれも気をつけなくてはいけません。

中絶を繰り返すと不妊症になりやすかったり、妊娠したとしても死産、早産などのリスクが高まってしまいます。そしてそれ以上に精神的な負担が大きく、中絶を行った女性の半数以上はストレスによる症状が発症しています。さらに20%程度にPTSDが起こっていると言われています。望まない妊娠であったとしても子供を殺したという罪悪感、ストレス、パートナーとの関係、子供嫌いになる、ひどい場合は自殺願望もあります。

中絶の後

そのような事にならないため、女性は手遅れにならないように、アフターピルを常備しておきましょう。女性である限り、閉経するまでその危険は必ずあります。いつも持っておけば、万が一の時も冷静に対応できます。アイピルなど安いジェネリック通販で購入できますので、わざわざ病院に行く必要もなく、大変便利です。

アフターピル(アイピル)の通販サイト

アフターピルについて