避妊にはアフターピル

アフターピルとは

アフターピルとは

アフターピルとは、万が一、避妊失敗した時に緊急時に投与する薬です。多くの方はやむを得ず投与するものであり、毎回の性交終了時に投与する頻回投与を行う薬ではありません。膣内に精液が入ってしまった時に妊娠を望まないのであれば性交後からの投与した経過時間にもよりますが、特殊な器具を用いなくても高い確率で自らの意志で妊娠を回避する事の出来る選択肢になります。病院での処方はもちろんですが、個人輸入代行サイトを介してアフターピル通販をすることも可能となっています。病院の場合ですと交通費、診察料、薬代とかさんでしまいますが、自宅にいながら手軽に安く購入できる点が通販サイトの大きなメリットと言えます。

アフターピルはEDピルとも呼ばれ1998年に米国で安全性が確認された上で有効性が確認され承認が行われた薬となり、効用としてあるのが受精卵になる事の抑制と着床を防ぐ作用があります。避妊薬としては有名な低用量ピルと異なる点は服用の方法になり、低用量ピルは一定用量を21日間を基本として服用しますが、アフターピルの場合は性交後すぐに服用する必要がある点に違いがあります。またアフターピルは避妊以外の効用を持ちませんが、低用量ピルは月経痛や不順あるいはニキビ等にも作用を持っています。

一般的な製品としてアイピルが挙げられ、万一の使用の際に手元になければ妊娠を回避する事は出来ず、失敗してから最低でも72時間以内のアイピルの投与を必要とするので、事前に常備しておく必要があります。アフターピルの成功率は84%にもなると言われ、服用タイミングも早ければ早い方が良いと言われています。

アイピルの成分レボノルゲストレルの作用は、分泌されている女性ホルモンを抑制する働きがあるので妊娠を操作する事ができ、排卵の直前になると女性の体内では大量のLHサージが分泌される様になります。これを抑制する事で排卵を遅滞させ抑える事で卵子と精子が結びつく事を避け、万一、受精卵となっても子宮内膜へ着床する事を阻害出来るので効果を発揮する事が出来ます。

アイピルを通販で買うには

アイピルを通販で買うには

緊急避妊薬として有名なアフターピルのアイピルですが、もしもの時の為に女性なら常に持っておきたい薬です。しかし病院では1回分しか処方されませんし、病院が休みだったり、遠くて簡単に行けなかったり、仕事などの都合で行けなかったりするケースは多く考えられます。アイピルは早く服用すればするほど効果が高まりますので、一刻も早く服用できるように常備しておくべきです。

日本の病院では一般的に「ノルレボ」というアフターピルが処方されます。保険が適用されない為、1錠15000円前後と大変高額な薬ですが、ジェネリックであるアイピルなら1錠1000円前後と、10分の1程度の価格で購入できます。ただし、日本ではアイピルは販売されていない為、購入するには個人輸入代行業者を利用して購入する事になります。

アイピルを通販で買うには

個人輸入は本来、言語の問題や複雑な手続きがある為、素人にはかなり難しいものになりますが、その面倒な手続きを代行してくれる業者です。日本語のサイトで、スタッフも日本人である事が多いので日本語で対応してくれます。利用方法も一般的な通販と同じような感覚で、ほしい商品を決めて配送先の住所などを入力し、決済方法を選ぶだけです。送料は1000円前後で、基本的には他には手数料などはかかりません。まとめて購入すればさらに安くなったり、サイトによってはポイントが付与されて次回以降値引きになる場合もあります。郵便局留めに出来るので家族にばれる心配もなく、箱には薬であることなども記載されていないのでプライバシーにも配慮されています。荷物の追跡番号も発行されるので到着まで安心して待つ事ができます。

ただし、海外からの発送になる為、到着までに1週間ほどかかります。アイピルがすぐに必要だという場合は間に合いませんので、常備薬として購入しましょう。また、中には悪徳な業者もあります。偽物のアフターピルを販売しているサイトもあり、健康被害がある危険もあります。他のサイトと比べて極端に安すぎたりクレジット決済ができないサイトは怪しい可能性があるので、くれぐれも気をつけるようにしましょう。

アフターピルの注意点

アフターピルの注意点

妊娠を成立させるには三つの過程を経過する必要があり、排卵・受精・受精卵の着床となり、これのどれかが一つでも欠けてしまう事で妊娠の成立は有り得えません。生殖目的で性交を行う方は減る一方で、起こる衝動や欲求を解消する為に性交に及ぶ方が多く、妊娠を回避したいと願う方が一般的に用いるのが避妊具です。

ですが実際の所、避妊具を用いても妊娠する確率は20%近くも残り、確実な方法とは言えず、避妊具が破損している事や行為の最中に気付かぬうちに膣内で外れてしまう事な想定外の事が起きる事もあります。その為、妊娠を本当に望まないのであれば経口投与をする事で三つの過程が起こらない様にする事も出来る薬剤の利用が望ましいです。

アフターピルの注意点

定期的に服用する低用量ピルと、アフターピルと呼ばれる予測不能な事態に備えた緊急用の避妊薬があります。万一、レイプ被害にあった際等にも用いられる事があるアイピルなどの緊急用アフターピルは、72時間以内の投与でほぼ確実な効果を得る事が出来ると言われています。ただし保険の適応が出来ない薬になるので、薬価が高くなります。

また、体の仕組みにホルモンを投与する事で大きな変化を与えるので体への負担が大きく、それ相応の副作用も必ずといって良いほど起こります。内服してから直ぐに起こるが強い吐き気や嘔吐であり、内服二時間以内であれば嘔吐してしまう事で薬剤の成分は十分に体に吸収されず、効果を得る事が出来ない事もあるので注意が必要となります。嘔吐してしまった場合はもう一度服用しましょう。アフターピルはあくまでも緊急時のみに投与するものであると認識しましょう。

避妊について

妊娠と避妊

妊娠と避妊

妊娠と避妊について、詳しく解説します。日本では避妊具での避妊がポピュラーですが、女性が主導で避妊する方法もあります。また、不妊症についても説明しています。女性なら必ず知っておきましょう。

避妊の方法

避妊の方法

避妊するには、避妊具の利用を始め、さまざまな方法があります。手術や器具を体内に挿入する方法もありますが、価格も高くなってしまいます。もっと簡単で確実なのはピルの利用です。自分にあっている方法を選びましょう。

病院での避妊

病院での避妊

病院で避妊をする場合、アフターピルが処方されますが、保険外のため、15000円前後と高額になってしまいます。また、必要な状態でなければ処方されないので常備できません。安く購入するにはどうしたらいいのでしょうか?

アイピルの通販サイト