サプリ

緊急で妊娠を回避する薬

カップル アフターピルとは、避妊具を用いて性交に及んだ際に万が一、失敗したと時に緊急時に投与する避妊薬であり、多くの方はやむを得ず投与するものであり毎回の性交終了時に投与する頻回投与を行う薬ではなく、膣内に精液が入ってしまった時に妊娠を望まないのであれば性交後からの投与した経過時間にもよりますが、特殊な器具を用いなくても高い確率で自らの意志で妊娠を回避する事の出来る選択肢になります。
アフターピルはEDピルとも呼ばれ1998年に米国で安全性が確認された上で有効性が確認され承認が行われた薬となり、効用としてあるのが受精卵になる事の抑制と着床を防ぐ作用となり、避妊薬としては有名な低用量OCと異なる点は服用の方法になり低用量OCは一定用量を21日間を基本として服用しますが、本剤の場合は性交後すぐに服用する必要がある点に違いがあり、またアフターピルは避妊以外の効用を持ちませんが低用量OCは月経痛や不順あるいはニキビ等にも作用を持っています。
一般的な製品としてアイピルが挙げられ、万一の使用の際に手元になければ妊娠を回避する事は出来ず、失敗してから最低でも72時間以内のアイピル投与を必要とするので事前に常備しておく必要があり、二回の投与が必要となり一回目の服用は72時間以内であり、そこから12時間を経過した時点で二回目の服用を行い、この間の時差はあっても一時間以内であれば問題がなく避妊の効果を失う事なく、成功率は84%にもなると言われ一回目の服用タイミングも早ければ早い方が良いと言われています。
アイピルの成分レボノルゲストレルの作用は分泌されている女性ホルモンを抑制する働きがあるので妊娠を操作する事ができ、排卵の直前になると女性の体内では大量のLHサージが分泌される様になり、これを抑制する事で排卵を遅滞させ抑える事え卵子と精子が結びつく事を避け、万一、受精卵となっても子宮内膜へ着床する事を阻害出来るので避妊薬としての効果を発揮する事が出来ます。

アフターピル(アイピル)通販サイト|お薬なび